1. Home
  2. About

About

ベンチャー稲門会とは

ベンチャー稲門会は現早稲田教授である東出浩教教授が発起人となり早稲田大学を
卒業した創業社長であるOBOGと共に2014年1月に発足しました。
早稲田OB経営者のつながりを通じ様々なステークホルダーに、
刺激と影響を与えていくことで新たな産業の創出を行い、
日本経済の更なる活性化を目的として活動している団体です。

稲門会とは

早稲田大学の卒業生の団体を「稲門会(とうもんかい)」と呼びます。
「登録稲門会」とは、稲門会のうち、早稲田大学校友会に届出を行って活動している団体のことです。
登録稲門会になると、同窓会活動の活性化を応援する早稲田大学校友会の各種支援を受けることができます。
現在、1,400団体以上の登録があり、日本全国、世界各地で活発に活動しています。

ご挨拶

発起人挨拶

東出 浩教

  • 早稲田大学大学院 商学研究科
  • ビジネススクール 教授

Best Practices for Humanity:「人間らしく」働くことができる「場」に、在学中にインターンなどで接してみる、卒業し働いてみる、そして自分の志に従い新たな「場=ベンチャー」を作るという冒険に乗り出してみる、成功の暁には後進の育成を、というようなベンチャー・エコ・サイクルが求められています。ベンチャー稲門会には、日本で始めて、このサイクルを機能させ、モデルケースを示すための大きなポテンシャルが秘められています。先の読めない時代に、自分で考え決断することで道を切り開き、社会に評価されるバリューと雇用を創りだしてきたのは、いつもベンチャー企業であり、起業家のアントレプレナーシップです。私も、ベンチャー稲門会と共に歩み育ちながら、日本から世界に羽ばたく「ボーン・グローバル」なベンチャー企業創出に貢献したいと考えています。

代表幹事挨拶

小笹 芳央

  • リンクアンドモチベーショングループ
  • 代表取締役会長

様々なご縁によって、このたびベンチャー稲門会の初代幹事長を務めさせて頂くことになり、大変光栄に思っております。当会では、様々なイベントを通じて、会員企業同士の交流はもちろんのこと、早稲田大学の卒業生や在校生の方々との活発な情報交換を行ってまいります。当会の活動が、チャレンジ精神旺盛な人材の育成とベンチャー起業家養成の契機となるよう一生懸命努めてまいりたいと思います。資源の乏しい我が国にとって、最大最強の資源は「人材」です。志の高い人材が集い、ベンチャー稲門会という「場」によって、相互作用や化学反応を生み出すことによって、活力ある国創りに貢献できることを願っています。

副代表幹事挨拶

鉢嶺 登

  • 株式会社オプトホールディング
  • 代表取締役社長CEO

「ベンチャー稲門会」の初代副幹事長を務めさせて頂く事になりました。
日 本が次代も繁栄し続けるためには新産業の育成が必須です。米国を見てもIT、ネットを中心に経済全体を牽引しています。そしてシリコンバレーがその活力の 源泉になっており、重要な機能にスタンフォード大学があります。日本でもネットを始め、今後はバイオ、ヘルスケア、ロボット等の新産業が待望されており、 そのためにも早稲田大学と協力して、ベンチャー企業へ挑戦、就職する学生を増やすことが、日本経済の活性化、ひいては国力増強につながるものと確信致しま す。ベンチャー稲門会がその一翼を担う事ができれば嬉しく思います。
私も微力ながら貢献したいと思います。

「ベンチャー稲門会」 事務局 (株式会社リンクアンドモチベーション 内)
Copyright © 2015 Venture Tomonkai All Rights Reserved.